ホーム > 小・中学生作文コンクール > RKB毎日放送賞 > はじめてのちちしぼり

「JA共済」小・中学生
作文コンクール

2021年度 第57回 受賞作品

RKB毎日放送賞

はじめてのちちしぼり

那珂川市立  安徳小学校1年三かじり あおい

 わたしは、もーもーらんどというぼくじょうへいきました。
 そこには、大きなひろばや、ロングスライダー、ピンクのコスモスばたけにつくられためいろなどがありました。
 なかでも、うしのいるぼくじょうは、とてもひろくて、わたしは、いくのがたのしみでした。どうしてかというと、ちちしぼりたいけんができるからです。
 わたしは、うしごやにいって、かかりの人にちちしぼりのしかたをならいました。
「こんなふうにするんだよ。」
と、かかりの人が、手をうごかしながらおしえてくれました。
「おちちのねもとを、ゆびでまるくかこんで、上からじゅん ばんにやさしくしぼってね。」
おしえてもらったとおりに、あいずにあわせてやってみました。
「せえの!」
うわぁ。びっくりしました。わたしがおもっていたより、やわらかくて、あたたかくて、いきおいよくおちちが出たからです。ぎゅうっとしぼると、まっしろいおちちが出てきました。
「どうだった。」
と、おかあさんがきいたので、
「おにくみたいにやわらかかったよ。」
と、いいました。
 こんどは、しぼったおちちで、アイスクリームやバターをつくって、あじわってみたいです。

ページ上へ