ホーム > 小・中学生作文コンクール > 日本農業新聞賞 > かっこいいおとうさん

「JA共済」小・中学生
作文コンクール

2021年度 第57回 受賞作品

日本農業新聞賞

かっこいいおとうさん

柳川市立  豊原小学校1年さくらぎ ゆのか

  わたしのおとうさんのしごとは、でんしゃのうんてんしゅです。あかちゃんからおじいちゃんやおばあちゃんまでたくさんの人をのせることができます。
 わたしは、おとうさんのしごとがかっこいいとおもいます。なぜなら、人をのせて、いろいろなばしょにつれていけるからです。
 このまえ、おとうさんがうんてんするでんしゃにのりました。でんしゃがうごきはじめると、ゆらゆらゆれてたのしかったです。そして、一ばんまえからは、どこまでもつづくながいせんろが見えました。おとうさんは、ハンドルをもって、でんしゃをはやくうごかしたり、でんしゃをゆっくりとめたりして、すごかったです。
 わたしも、「かっこいいしごとをしたい。」と、おもいました。
 いま、わたしはピアノをならっています。わたしは、ピアノをひくことがだいすきです。でも、ながいきょくをひくのがむずかしいです。せんせいからおしえてもらい、すこしずつひけるようになりました。これからも、れんしゅうをがんばります。そして、おとうさんのようなかっこいいしごとをしたいです。

ページ上へ