ホーム > 小・中学生作文コンクール > 全共連福岡県本部運営委員会会長賞 > ふしぎだらけの空

「JA共済」小・中学生
作文コンクール

2021年度 第57回 受賞作品

全共連福岡県本部運営委員会会長賞

ふしぎだらけの空

福津市立  勝浦小学校1年にしうら さらさ

 わたしは、空を見てふしぎにおもいました。
 あさおきて、空を見たら、いろが、ももいろからだんだん青へとかわっていくのが見えました。とてもきれいでした。
 夕がたの金いろにかがやく空。日がしずむと、どんどんよるのいろにかわっていく空。いろ、いろ、いろ。どこまでもいろ。
 ひるになると、青空にくもがうかんでいました。くもはどうしていろいろなかたちがあるのか、どうして空にうかんでいるのか、わたしは、ふしぎでたまりません。
 空は水ぞくかん。くもは、さかなやカメに見えてくることもあります。
 空から見たじめんは、どんなかんじかなとおもうことがあります。わたしは、「いつか、とりみたいに空をとびたいな。」とおもいます。
 ふしぎな空。いろいろないろにかわる空。くもがうかぶ空。見ていると、なんだかわくわくしてきます。
 どんどんおもいつく空のふしぎ。きょうもあしたもあさっても、ずっとおもいつきそうです。そんなふしぎがいっぱいな空が大すきです。
 はてしなくちきゅうをつつんでいてくれる空、ありがとう。

ページ上へ