ホーム > 小・中学生作文コンクール > 福岡県教育委員会賞 > ぼくはまほうつかい

「JA共済」小・中学生
作文コンクール

2021年度 第57回 受賞作品

福岡県教育委員会賞

ぼくはまほうつかい

福岡市立  百道浜小学校1年柴田 瑛人

 ぼくはやさいが大すきだ。なぜなら、やさいはシャキシャキしてえいようがたっぷりでおいしいからだ。でも、ぼくのおとうとはにが手なやさいがおおい。どうしてときいてもりゆうはわからない。
 ぼくはやさいはすきだけど、あじがしなくてフニャフニャしているとうふがにが手だ。でも、ぼくのおかあさんは、ぼくがとうふをおいしくたべられるようにミートソースにとても小さくしたこうやどうふをまぜて、とうふにおいしいまほうをかけてくれる。
 そこで、ぼくもおかあさんみたいにくふうをして、おとうとにおいしくやさいをたべてもらおうとおもった。おとうとのにが手なピーマンを小さくしてハンバーグの中にこっそりと入れるまほうをかけることにした。
 ピーマンを小さくきるのがむずかしかったけれど、おいしくなるまほうのためにがんばった。たべるときは、おとうとがピーマンに気づかないかどうかドキドキした。でも、おとうとが「おいしい」といってぼくのつくったハンバーグをたくさんたべてくれてとてもうれしかった。
 おとうとのかおを見て、ぼくがまたまほうつかいになって、おとうとがおいしくやさいをたべられるといいなとおもった。おいしくなるまほうっておもしろいな。

ページ上へ