ホーム > 小・中学生作文コンクール > 西日本新聞社賞 > ぼくのさくせん

「JA共済」小・中学生
作文コンクール

2019年度 第55回 受賞作品

西日本新聞社賞

ぼくのさくせん

福岡市立  曰佐小学校1年いわ本 ゆしん

「あ、れんくんがねてる。」
 ぼくが気づいたとき、おとうとのれんくんは、ねていました。
 れんくんは一さいで、おきているときは、ないたりはしったりひっぱったりたいへんです。
 でも、ねているれんくんは、じっと見ているとかわいくなってきます。ねているかおがすごくかわいいんです。ちかくで見たらもっとかわいいから、ぼくは、わらいたくなってきました。
「おきたら、たいへん。」
 ぼくは、とおくから見ることにしました。でも、どんどん、おきそうになってきます。
「とんとんしよう。」
 やさしくとんとんしたら、だいじょうぶ。またねました。
「さくせん、せいこう。」
 ぼくは、しずかにようすをみました。また、わらってしまいました。すると、れんくんは、こんどはなきそうになりました。さくせんをまたかんがえました。
「うたをうたってあげよう。」
 ぼくは「どんぐりころころ」をうたってあげました。やさしく、なめらかに、ゆっくりうたってあげたら、またねました。
「さくせん、またせいこう。」
 こんどこそ、だいじょうぶ。ちかくでようすを見たら、れんくんは、ぐっすりねていました。
 もし、つぎにおきそうになったら、こんどのさくせんは、れんくんをだっこしてゆらゆらします。

ページ上へ