ホーム > 小・中学生作文コンクール > 福岡県教育委員会賞 > すてきなしゅくだい

「JA共済」小・中学生
作文コンクール

2019年度 第55回 受賞作品

福岡県教育委員会賞

すてきなしゅくだい

大牟田市立  天領小学校1年みや本 たつき

「きょうのしゅくだいは、おかあさんを、だまってぎゅっとしてきてください。」
と、先生がうれしそうにいいました。
「うわあっ、おもしろそう。」
ぼくは、こんなしゅくだいがあるんだとびっくりしました。
「さようなら、あしたもぜっこうちょうできます。」
先生とさよならをして、かえると中は、「どうやって、ぎゅっとしようか。」と、かんがえながらかえりました。
 ぼくのさくせんは、おかあさんがうしろをむいたしゅんかんに、ぎゅっとしようときめました。
「ただいま。」
おかあさんに、きづかれないようにふつうにしました。
 いよいよ、本ばんです。
 おかあさんのちかくにいってじいっとまちました。ぼくは、ワクワク、ドキドキしてきました。ところが、なかなかおかあさんがうしろをむきません。
「うん、さくせんへんこう。」
 おかあさんのところに、はしって、ちからいっぱいぎゅっとしました。
「えっ、なになに、どうした。」
と、おかあさんは、おどろいてくれました。そして、おかえしにぼくよりつよく、ぎゅっとしてくれました。うれしかったです。こんなしゅくだいはいいなぁとおもいました。

ページ上へ