ホーム > 小・中学生作文コンクール > 福岡県知事賞 > ゆめの一人っ子

「JA共済」小・中学生
作文コンクール

2019年度 第55回 受賞作品

福岡県知事賞

ゆめの一人っ子

私立  福岡雙葉小学校1年さかもと みれい

 冬休み。わたしにもしずかなあさがやってきました。すきなテレビを見て、きせかえ人ぎょうも、ママとのりょうりもたのしめます。ゆめの一人っ子です。
 わたしには小さなおとうとが二人います。お休みのあさはたたかれておこされます。テレビはおとうとのすきなものばかり。わたしがにんぎょうを出すと、きょうりゅうをもってきて、にんぎょうはたべられます。二人は、わたしのすることをぜんぶまねしてイライラします。
 冬休み、いつもママが大へんだからというりゆうで、二人はおばあちゃんのいえへ三日かんおとまりに行ったのです。さいしょの日、一人っ子はうれしくてたまりませんでした。でもつぎの日から、しずかなへややいっしょにあそぶあいてがいないことがさみしくなりました。
「ねぇね、ねぇね。あそぼ。」 
と、きこえてくるきがしました。二人は、なにをしているのかな、とおもいました。ママからおいしいクッキーをもらったので、二人がかえるまでとっておくことにしました。
 二人がもどった日、みんなでギュッとしました。三人でたべたクッキーはさいこうでした。

ページ上へ