ホーム > 小・中学生作文コンクール > 西日本新聞社賞 > とめけん

「JA共済」小・中学生
作文コンクール

2021年度 第57回 受賞作品

西日本新聞社賞

とめけん

福岡市立  舞松原小学校3年喜屋武 舞子

 ザクッと音がなったらせいこうです。カッと木と木がぶつかる音はしっぱいです。わたしは今けん玉にむ中です。けん玉のけん先に玉を入れることを「とめけん」といいます。お父さんはとめけんが上手です。ふわっと玉がとんで、まるでじ石がひきよせられるようにザクッとけん先にささります。
 さいしょからとめけんはむずかしいと思ったので、大皿、小皿、中皿の練習をしました。一か月くらいでかんたんにできるようになりました。でも、とめけんは、そうはいきません。お父さんにお手本を見せてもらいました。けん玉をたてに持って玉をいきおいよく回します。ひざを曲げて、糸がまっすぐになったしゅんかんに、シャッとひざをのばし、同時に玉を持ち上げてすくうようにけん先にさします。ザクッと音がして玉がささります。同じようにしても十回れんぞくでしっぱいして、
 「あー、もうぜんぜんできん。」
とわたしはおこりました。
 玉がカッカッとなってはじき返されます。あきらめかけていたその時、ザクッとあの音がしました。思わずはっと息をのみました。わたしはけん玉を持ったままバンザイして、
 「みなさーん、見てー。」
とさけびました。お母さんと弟がかけよってきて、かん声があがりました。一番見てほしかったお父さんはまさかの入よく中でした。ささったままのけん玉を持って、とぶようにおふろ場に走り、とびらをバーンと開けて大きく息をすいこみ、
 「見ーてー。」
とおなかからさけびました。
お父さんの
 「おめでとう。」
がおふろにひびきわたりました。

ページ上へ